競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

10/14「秋華賞」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain


 

今週の予想レース10月14日

秋華賞予想

 

f:id:monkox:20181012103414p:plain

 

アンカツ予想!

 

頭・アーモンドアイ

 牝馬3冠最終戦秋華賞の主役は言うまでもなくアーモンドアイ。

断然お1番人気は確定的で、実際に能力、実績ともに抜けている。

さらに、リリーノーブル桜花賞3着、オークス2着)を筆頭に、レッドサクヤ、マウレア、サトノワルキューレ、ノームコアといった面々が戦線離脱をし相手関係も楽になった。

 

なかには、

オークス以来のぶっつけが不安”

”本番がジャパンカップで仕上げが100%じゃない”

”京都内回りは先行有利で脚質的に届かない”

 なんて考え方をする人がいるようだが、俺的にはいずれも”重箱の隅”みたいなもの

 

まず、休み明けについてだが、問題が発生してやむなく直行になったならまだしも、秋華賞直行は予定通り。

シンザン記念からのぶっつけだった桜花賞を快勝したように、鉄砲を問題にしないタイプ。素直な性格で仕上げやすいんだろう。

 

ジャパンカップについても同様。

確かにメイチではつくってこないにしても、中途半端に仕上げて反動が出るリスクを考えれば、それなりの態勢にはなっているはず。

 

内回りも心配することない。

シンザン記念桜花賞の直線一気が鮮烈だったため、極端な追い込み馬のイメージが残っているが、ある程度の位置を取りに行ったオークスで、脚質の不安は一掃している。

よほどのことがない限り、「頭」はアーモンドアイで堅いだろう。

問題は2着争い・・・・・・

 

 

頭の痛い2着争い

 

サラキア

登録馬が発表されたとき、相手筆頭にはローズS2着のサラキアを考えていた。

だが、モレイラが騎乗停止になったのは痛い。

素直な馬ならまだしも、出遅れクセがあるうえに、レースがヘタな馬。

マジックマン・モレイラがどうカバーするのか楽しみにしていただけに・・・

能力的には無視できないが、そのまま相手筆頭とはいかない。

 

 

カンタービレ

当然、ローズSを制したカンタービレも候補と1頭になるが、前走が走りすぎた感じがあるのが引っかかる。

 

 

プリモシーン

関屋記念を勝ったプリモシーンは出遅れクセがあるため、それこそ内回りが不安。

 

 

ミッキーチャーム

目下3連勝中のミッキーチャームは脚質的(先行)に目標にされるのが目に見えている。こんな感じのため、相手筆頭は、ラッキーライラックに落ち着くって話だ。

 

 

ラッキーライラック

一時は、秋華賞に間に合うか微妙って声があったくらいで、同じぶっつけでもアーモンドアイとは状況が違う。

でも、仕上げが難しいタイプじゃないし、能力的にアーモンドアイ以外では筆頭格なのは間違いないと思うのだが・・・・・

 

結局、挙げていった馬をすべて押さえないといけない気がする。

 

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←