競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

アンカツ予想!6/27「帝王賞」

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain


 

今週の予想レース6月27日

帝王賞予想!

 

f:id:monkox:20180626101203p:plain

 

アンカツ予想!

 

暮れの東京大賞典と並ぶ「公営版グランプリ」とも言うべき帝王賞

構図的に南関東を中心とした地方馬JRA所属馬の戦いだが、現状は地方と中央の力の差が大きくなりすぎて基本、交流GⅠはJRA所属馬の独壇場。

その馬たちの力関係を検討するのが筋となる。

 

注目のJRA勢はアウォーディーアポロケンタッキー、オールブラッシュ、ケイティブレイブゴールドドリームサウンドトゥルーテイエムジンソクの計7頭が出走。

ちなみにテイエムジンソクを除く6頭はGⅠ馬(交流GⅠを含む)。

で、結論を先に言うと、ゴールドドリーム中心でいいのではないか?

 

ゴールドドリーム

昨年のフェブラリーSチャンピオンズカップの勝ち馬で、今年に入って、フェブラリーS2着、かしわ記念1着と実力を示している。

フェブラリーS2着に関して言えば、自分から勝ちに行ったところでノンコノユメにクビ差でかわされた内容の濃い競馬。

いわゆる「負けて強し」

現在のダート界で一番強い馬と言って差し支えないし、今がまさに充実期であるから、よほどのことがない限り、おかしな競馬はしないだろう。

鞍上がルメールっていうのも心強く、不安らしい不安は何もない。

対照的に食指が動かないのがアウォーディー

 

 

 

アウォーディー

 

一昨年のJBCクラシックを最後に、勝ち星から遠ざかっている。

「ピークが過ぎた」感じで今回もしんどいんじゃないか。

 

 

アポロケンタッキー

 

この馬も強く推せない。

時計がかかる地方の馬場向きの馬だが、包まれたり、上手く先行できないとアウトっていうか、とにかく注文が多い馬。

 

切るなら、アウォーディーアポロケンタッキーあたりになる。

ゴールドドリームが堅いと予想する以上、相手はある程度絞らないといけない。

その筆頭がケイティブレイブ

 

 

ケイティブレイブ 

 

昨年の帝王賞は出遅れたことで脚がたまって、差し切れたわけだが、その後に挙げた2勝(川崎記念ダイオライト記念)ともに逃げ切りだった。

要するに、勝ち切るには極端な競馬をしないといけないタイプ。

一方で好位から安全策的な競馬をした場合は勝ちきれないが、確実に2、3着には来るって感じ。

今回はテイエムジンソクが行くから、控える競馬になるはず。となると、勝ち切るまでは・・・。

結果、2,3着ってイメージとなる。

 

 

テイエムジンソク

 

今年の東海Sを逃げ切った後、フェブラリーS12着、平安S6着と結果が出ていない。

敗因は控えたことにあるんじゃないか。

やはり、少々ペースが上がっても、行ってこその馬。

それだけに、今回は何が何でも行くと踏んでいるわけだ。

大井の砂も合うじゃないかと思っているし、巻き返してくると思う。

テイエムジンソクが積極策に出ると読めば、当然同型のオールブラッシュは厳しい競馬になるはず。

このあたりの展開の読みが外れたら、ごめんなさいって言うしかない。

 

というわけで、ゴールドドリームから、ケイティブレイブテイエムジンソクが相手本線となる。

もう一頭挙げるなら、地方特有の「バラける展開」が得意なサウンドトゥルー