競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

 6/24「宝塚記念」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain


 

今週の予想レース6月24日

宝塚記念予想!

f:id:monkox:20180621145354p:plain

 

アンカツ予想!

 

今年の宝塚記念は・・・・。

ココにエントリーされるべきスワーヴリチャード、レイデオロといったバリバリの4歳牡馬が不在で、日本のGⅠホースは4頭しか出てこない。

まあ、いろいろと難しい梅雨時期の施行、海外遠征馬増加、社台グループの使い分け・・・・。

いろんな要素が重なるから仕方ない面もあるが、「上半期の総決算」と呼ばれるレースなんだから、何かしら対策しないといけないだろう。

で、とりあえずGⅠホース4頭を買っておけばいいのかって?

そう簡単にいかないのが今年の宝塚記念のややこしいところ。

なかでも一番の問題はサトノダイヤモンドの扱いだろう。

 

 

サトノダイヤモンド

この馬が力を出せる状態であれば、不動の本命なんだろうが、知っての通り、昨秋の凱旋門賞15着からの成績が・・・。

前々走の金鯱賞3着はステップだからいいとしても、前走の大阪杯7着はだらしなすぎる。

しかも包まれたから力が出せなかったのか、脚がなかったのか判断に苦しむ。

正直、どう扱えばいいのか。

まあ、先週、今週の稽古の動きは悪くなかったようだし、あとは当日の気配も見てみたいとこだ。

ここまでの流れからすれば、全幅の信頼は置けない。

 

 

ヴィブロス

 

ドバイターフ2着みたいな競馬が出来れば有力だが、当時が「絶好調」に見えた分、これ以上の上がり目がどうなんだろう。

むしろ反動が心配。

阪神も得意には見えないし、距離の2200mも1ハロン長い感じだ。

 

 

サトノクラウン 

 

周知のようにアテならないというか、計算しづらい。

良馬場のスピード決着にも不安が残る。

 

⑯キセキ

 

「かかりグセ」が気になる。

日経賞9着なんて、まるで競馬になっていなかった。

 

ただし、サトノクラウンとキセキは道悪になったら話は全く別。

実際に昨年の道悪を制しているサトノクラウンにとっては”待ってました”ってことになるだろうし、キセキにしても、菊花賞勝ちは不良馬場に脚を取られたからこそ、かからずに済んだ面もある。

道悪確定ならむしろ推したい2頭。

 

 

一方で、GⅠタイトルのない馬たちの中にも軽く扱えない馬が何頭かいる。

例えばステファノス

頭を取るまでのイメージはできないが、混戦向きで2、3着は十分ある。

それは、ダンビュライトも同様。

ミッキーロケットは、ひところ調子を落としていたが、前走の天皇賞春4着で復調の兆しが見てて来た。

時計だけで評価するのであれば、鳴尾記念をレコード勝ちしたストロングタイタンも無視できない。

 

えっ、結局何が狙えるのか?

ホント決め手がなく参っていたが、ならいっそのことって、吹っ切れる存在になったのが唯一の外国馬ワーザー。

 

⑬ワーザー 

 

一昨年のクイーンエリザベスⅡ世Cでは、ラブリーデイヌーヴォレコルトサトノクラウンを子供扱い、国際GⅠ3勝と実績では一番の馬。

問題は今年に入って3戦、勝ち星を上げていないことだが、初戦の3着、2戦目の2着はともにGⅠでの0秒1差の大接戦だから評価を下げる必要はないだろう。

そう考えると、前走はワーザーにとって久々のGⅢで、ぶっちゃければ、このクラスの馬にとってどうでもいいというか、たたき台に徹することのできるレース。

つまり、宝塚記念に向けての調整レースだったから6着って結果に神経質になる必要はないんじゃないか。

むしろ、「マジで宝塚記念を狙っている」と考えたい。

走れる態勢になっていれば、どんな馬場でも勝負になると思う。

一昨年のクイーンエリザベスⅡ世C(やや重)の走りから、道悪はまったく問題ないはず。

 

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←