競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

 6/19宝塚記念情報!鈴木泰弘の馬体診断

宝塚記念馬体診断!

 

f:id:monkox:20171011173946j:plain

 

スポニチ週間競馬情報!

 

 

鈴木康弘馬体診断!

注目馬の情報をまとめてみました。

 

f:id:monkox:20180619094840p:plain

 

 

 90点

ヴィブロス

 

馬体重430㎏と小粒でも機能性に富んだ骨格がGⅠ2勝の原動力。

小さな体と不釣り合いなほど発達したキ甲は重量負けしない。

背中からトモにかけての絶妙な角度が爆ぜるような走りを可能にする。

筋肉量が少ない半面、骨格に天賦の才がある馬。

 

 

 

85点

パフォーマプロミス

 

馬体重450㎏前後と牡馬にしては小粒。

だが、馬体の迫力は500㎏の大型馬に見劣りしない。

豊富な筋肉量でハリに満ちた肩とトモ。

その筋肉は非常に繊細で柔軟性に富んでいて疲れがたまりづらそう。

首もスラリと抜けているので距離に融通が利くはず。

 

 

80点

サトノダイヤモンド

 

馬っぷりの良さならこの馬が抜けている。

伸びのある骨格、素晴らしい筋肉、毛ツヤも申し分なし。

馬体の張りは大阪杯以上で3歳時の姿に戻ってきた。

ただし、向こうを張るような立ち姿を除けば・・・・。

尾を不自然に下げ、耳を左右に開いている。

目つきに反抗心が感じられ、ハミのくわえ方が強すぎる。

いずれも、3歳時には一切見ることのなかった所作。

 

 

 

80点

サトノクラウン

 

相変わらず重厚な体つき。

筋肉で分厚い肩とトモ、首も雄大で欧州産馬らしいパワーに満ちた馬体。

良馬場の切れ味勝負では分が悪いが道悪なら馬力を発揮できる。

優勝した昨年の宝塚記念と比べ筋肉をさらに大きく見せている。

ただ、妙におとなしく、昨年のような目力を感じられない。

 

 

75点

キセキ

 

昨年の菊花賞から着実に成長しています。

トモと筋肉量が増えていて、毛ツヤも良好。

ただし、腹回りにもう少しボリュームが欲しい。

もっと気になるのは立ち姿。

菊花賞に比べ緊張している。

 

 

75点

アルバート

短所がない代りに長所もない。

こぢんまりとまとまった馬体。

 

 

75点

ミッキーロケット

筋量がとても豊富。

キ甲がが目立ち、首の厚みもましてきた。

キングカメハメハ産駒らしい体つきになってきた。

 

 

70点

ダンビュライト

相変わらず肋の張りが不足している。

 

 

 詳しくはスポニチで!!