競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

 5/27「日本ダービー」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain


 

今週の予想レース5月27日

日本ダービー予想!

 

 

f:id:monkox:20180524161202p:plain

 

 アンカツ予想!

 

今週の日本ダービーは、堅かったオークス3連単3,360円)とは一転、大混戦模様。

勢力図がハッキリしないようになった理由は、ダノンプレミアムの皐月賞回避に端を発しているのは言うまでもない。

これまでのレースぶりからして、この馬の力の力が一枚抜けているのは分るんだけど、その力を出せる状態にあるのかどうかが問題。

 

①ダノンプレミアム

 

弥生賞勝ち以来のぶっつけって、相当特殊なローテになったわけだからね。

果たして万全の状態で挑めるのか?

いつにも増して当日のパドック、返し馬の気配が重要になってくるわけだけど、そのあたりを確認したうえで判断できないのがツライとこ。

とはいえ、中間派それなりに順調のようだし、1週前追いきりで結構な時計を出していたし、直前も楽な感じでしまいをまとめたんだろう。

少なくても、おかしな状態ってことはない。

 

正直言うと、距離的には2000m前後がベストで、本質的に2400mは長い感もある。

仮に2000mの皐月賞に万全の状態で出ていたら堅かったと思うんだけど、2400mのダービーとなると、やや信頼度が落ちるかもしれない。

まあ、先週のアーモンドアイほどの安心感まではないな。

えっ、結局、評価するのかしないのかって?

迷うくらいなら、一番強いと思っている馬を推すのが筋。

快進撃を続けてきた地力を信じて、ダノンプレミアムを指名する。

 

「軸」は決まったとはいえ、相手選びもまた難しい。

能力的に拮抗している感じで、「無条件に切り」って断じることができない馬が多い。

上に来てもおかしくない馬をざっと上げても候補が多く切りがない。

要は何を重視するか。

流れを考えると、ペースはそれなりに落ち着くってみるべきかな。

間違っても超ハイペースにはならないだろう。

オークスがそうだったように、ある程度前に行ける馬を重視した方がいいかなと思っている。

そうなると、まずはエポカドーロ。

 

エポカドーロ

 

皐月賞前にも言った通り、先行してのしぶとさはなかなかのもの。

ハナにこだわらないし、レースもうまい。

母系が短距離系なのを不安視する声もあるみたいだが、距離はこなせると思う。

 

⑯ジェネラーレウーノ

 

皐月賞はちょっと特殊な競馬。

離れた4、5番手で競馬をした馬にとってはおあつらえ向きの流れだった一方で、引っ張った3頭にとっては、かなり過酷なレースだった。

引っ張ったアイトーンは8着、ジュンヴァルロは15着とタレたわけだが、このジェネラーレウーノは3着に残る驚異的な粘りを見せた。

スクリーンヒーローの子やから、これも距離は問題ないだろう。

 

⑧ブラストワンピース 

 

どんな競馬になるのか読めないところがあるがダノンプレミアムを負かす可能性って意味では一番かもしれない。

なにせ3戦無敗の馬だから。

ダービーと同じ舞台である「ゆりかもめ賞」を4馬身差で圧勝しているのも大きい。

早々に皐月賞スルーを決めて、ダービー1本に備えた点が良い方に出れば、あるいは・・・・。

 

後は決め手が生きる流れになることを条件に、⑰ワグネリアン、⑬グレイル

、⑮ステルヴィオの出番もあるだろうか。

イメージ的にはステルヴィオはちょっと距離が長い気もする。

いずれにしても今回のダービーはかなりの混戦。

とにかく手広く押さえることをおススメする。

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←