競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

5/13「ヴィクトリアマイル」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain


 

今週の予想レース5月13日

ヴィクトリアマイル予想!

f:id:monkox:20180511100149p:plain



アンカツ予想!

 

 今年は、4歳世代に勢いがある感じで、5歳上世代がどれだけ食い下がれるかって構図になるだろう。

つまり、勢力図の中心にいるのは4歳世代。

実際、この世代の層はかなり厚い。

GⅠ馬のソウルスターリング、アエロリット、レーヌミノル、安定感のリスグラシュー、重賞連勝中のミスパンテール、重賞連続連対中のカワキタエンカあたりも本格化の気配を見せている。

そのハイレベルのメンバーの中でイチオシは、リスグラシュー

 

リスグラシュー

3歳春までは細く見える体がどうしても気になった。

実際、当時は体重維持に一苦労って感じだった。

秋からは徐々に体重が増え、それに伴って芯がしっかりしてきた感じだ。

特に古馬になってから、心身ともにたくましくなってきた思う。

明け4歳初戦の東京新聞杯を完勝したように、マイル路線にシフトしたのも正解だったのだろう。

前走の阪神牝馬Sの3着は、超スローの流れの中でもしっかりと脚を伸ばしていたし、本番前の試走としては上出来だ。

俺は(阪神牝馬S3着を)まったく気にしていない。

あとは、ユタカちゃん(武豊)がなんとかしてくれると思う。

 

 

アエロリット

明らかに距離が長かった秋華賞7着以外は、崩れていない馬だけど、実績通り距離はマイルがベストだろう。

ただ、この馬はパンパンの良馬場より、気持ち力を要する馬場の方が向いている気がするのと、なによりスンナリ先行できるかがカギだ。

そういう意味では、中山牝馬Sを逃げ切り、福島牝馬Sでも2着になったカワキタエンカとの兼ね合いが、展開的には大きなポイントになる。

俺的には、この先行2頭lはほぼ五分ってイメージ。

こっちもマークは外せない。

 

 

 

ソウルスターリング

問題は、実績上位のこの馬だろう。

昨秋は超一線級の牡馬が相手だったから歯が立たなかったのは仕方ないが、前走の阪神牝馬S10着の負け方はどうにも気に入らない。

休み明けのうえに、早めに動く競馬を強いられたとはいえ、もうちょっと抵抗しないと・・・。

もしかすると早熟かもしれないな。

 

 

 

ミスパンテール

扱いが難しいって点ではこの馬も一緒。

目下の勢いは認めないとならないが、ターコイズS京都牝馬Sは相手が楽だったし、阪神牝馬Sは展開にも恵まれた。

まだ全幅の信頼までは置けない。

 

 

 

アドマイヤリード

昨年の覇者で、前走の阪神牝馬Sで体重が増えていた点は大きい。

馬体が維持できればそれほど差はないだろう。

 

 

 

レッツゴードンキ

地力の高さは説明不要。

ただ、芝のマイルは11着に惨敗した昨年のこのレース以来。

折り合い次第ってことだろう。

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←