競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

 4/15「皐月賞」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain

 

今週の予想レース4月15日

皐月賞予想!

 

f:id:monkox:20180412150424p:plain

 

アンカツ予想!

 弥生賞快勝で皐月賞も堅いと思っていたダノンプレミアムがまさかの回避。

一から考え直さないといけない。

ダノンプレミアムに最も迫ったワグネリアンがまず浮上する。

 

ワグネリアン

 

俺には中山が合ってないようにしか見えなかった。

単純に小回り向きじゃないし、直線の急坂もプラスに働いているようには感じなかった。

逆に言うと、それでも最速の上がりを使って格好をつけたのがこの馬の能力の高さなんだろう。

本質的な舞台適性を考えると、取りこぼしがあっても全く不思議じゃないけど・・・。

純粋な能力比較では一番なんだから、ワグネリアンを「軸」にせざるを得ないというか、落ち着くところに落ち着いたって感じ。

 

相手も難し。

正直、勝ち切れるイメージを持てる馬がそう見当たらない。

その典型がジャンダルム。

 

③ジャンダルム

 

弥生賞3着を見ても分るように、競馬は確かに上手いが、馬自体が迫力不足というか、地力でGⅠを勝てるような馬とは思えない。

もちろん、立ち回り次第でまた上位に食い込む可能性はある。

 

 

⑮ステルヴィオ

 

スケールの大きさを感じないというか、クラシックホースのイメージが湧かない。

まぁ、最後は確実に脚を使う馬、この馬も結局相手として外せない・・・・。

 

 

①タイムフライヤー  

 

実際にGⅠを勝ったタイムフライヤーはどうか。

俺的には、ホープフルSの内容自体評価していないし、試走といっても若葉S5着がだらし過ぎる。

見るからにまだ腰が甘いんだろう。

 

 

⑫グレイル

 

新馬戦、京都2歳Sと着差以上に勝ち方が良かった。

共同通信杯は期待していたが、見せ場なしの7着。

タイムフライヤーと同じハーツクライ産駒、まだ本物になってないと見るか、成長を期待できるととるか、難しいところ。

 

 

⑤キタノコマンドール

 

一番可能性を感じるのはキタノコマンドール

正直、新馬戦を勝った時は全然大したことないと思っていたから、すみれSを勝ち切ったときは驚いた。

これもまだまだ成長途上なんだろうが、上積み幅次第では・・・って期待が持てる馬ではある。

 

その他

 

あとは逃げ、先行馬が揃っているのを承知で、一本調子の馬には見えないエポカドーロとジェネラーレウーノを押さえておく必要があるかもしれない。

自分で言うのもなんだが、今回はスッキリ推す馬がいないな。

まあ、断然主役が消えて、メッチャ難しくなったってことで許してね(笑)

少なくても相手を絞るレースではないと思う。

 

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←