競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

 12/24有馬記念枠順決定!スポニチ有馬記念情報

12月24日()

有馬記念

中山・2500m 

 

 

f:id:monkox:20161221095452j:plain

 

 

f:id:monkox:20171221180641p:plain

 

有馬記念情報!

キタサンブラック

春は天皇賞3本、宝塚記念6本で計9本の追い切りを行ったが、秋はジャパンカップ2本、有馬記念は現在4本で計6本に軽減。

 

辻田厩務員

「やっぱり宝塚記念は教訓になっている。ジャパンカップは控えた感じで体つきにも余裕があった。3戦目にピークと言う意識」

 

たしか、競馬予想TVで井内氏が「追いきりをみてると本番は有馬」良いうようなニュアンスで言っていました。

 

 

シュバルグラン

 

友道調教師

「調教で動く馬じゃないけど、この馬なりに動いている」

 

「去年の6着は外々を回らされた分もあるし、時計的にも大きく負けていない。今は瞬発力が出て一瞬の脚が使えるようになったし、中山の小回りでも大丈夫」

 

 

スワーヴリチャード

 

M・デムー

「手前を上手く替えていたし、馬も落ち着いていた。フォームもキレイで、いつも一生懸命走ってくれる。3歳だけど能力が高い馬」

 

苦手とされる右回りに関して、

 

庄野調教師

「春に比べて斤量が増え、背、腰がしっかりしてきた」

「踏込が強くなって、左手前の替え方がスムーズになった」

 

 

サトノクラウン

 

珍しいポリトラックでの調教ついて、

 

堀調教師

「大きな理由は2つある。まずはメンタル面。普段乗っているコースに慣れてしまい、ゴールで気を抜くことが多くなったから刺激を与えたかった」

 

「もう一つは、この馬の後肢の仙腸関節にズレがあり、背腰に疲れが残りやすい。冬場は暖かくなる遅い時間帯に追い切るのでウッドも荒れている」

 

「距離は少し長い。工夫が必要で、ムーア騎手と作戦を練りたい」