競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

 12/10アンカツ予想!香港カップ、香港スプリント、香港ヴァーズ、香港マイル

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain

 

今週の予想レース12月10日

 香港国際競争予想!

アンカツ予想!

香港カップ

 芝・2000m

日本からはネオリアリズムステファノス、スマートレイヤーがスタンバイ。

実績で言えば、春に香港GⅠクイーンエリザベス2世Cを勝っているネオリアリズムが筆頭になる。

 

ネオリアリズム

パワー型で、香港の馬場はドンピシャ。当時と同じモレイラが鞍上なのも大きい!

問題は、前走天皇賞での13着惨敗など、この秋は順調と言えない。

上手く立て直せれば勝ってもおかしくないと思う。

そういう意味では頭向きの馬だろう。

 

 

ステファノス

ステファノスはジリであと一押しが足らないけど、確実に上位には来るタイプ。

昨年のこのレースも3着。よほど展開が向かないと頭は厳しいかもしれないが、マークは外せない馬。

 

 

スマートレイアー

昨年は香港ヴァーズで5着だったが、2000mの方がチャンスはある。

以前より競馬の幅がでたように精神的な成長は顕著。

「ひょっとして」という期待は持っている。

 

海外馬

昨年2着のシークレットウェポン、前哨戦を制したワーザーの香港勢2頭が強敵って話だが、日本馬3頭ノーチャンスじゃないよ!

 

 

香港マイル

芝・1600m

 

 安田記念馬・サトノアラジンがエントリー。

単純な力比べなら通用するし期待するところだが、臨戦過程ががどうなんだろう。

俺の見立てでは、秋天は絶好調のなか不良馬場に殺され18着の惨敗。マイルCSも建て直しできず、12着の惨敗。

完全にリズムを狂わされているのが・・・・。

底力を見せてほしいと思っているけど、昨年の勝ち馬ビューティーオンリーや前哨戦を制したシーズンズブルームといった香港勢から入る方が安全!

 

 

香港スプリント

芝・1200m

 

 勢力図で行けば、日本馬にとって一番厳しいだろう。

香港の短距離路線は層が厚い。レッツゴードンキ、ワンスインナムーンとも、充実ぶりを生かして頑張ってほしいが、過去のロードカナロアしか壁を破った馬はいない。

国内で絶対王者的な評価をされないと互角に戦うのは難しい。

 

 

香港ヴァーズ

芝・2400m

今回の香港競馬で一番楽しみにしている日本馬がキセキ。

いきのいい3歳馬で菊花賞の勝ち馬。

秋のGⅠ戦線でこの世代の活躍からしても、期待しない訳にはいかない。

皮膚病の影響で馬房を隔離されたらしいが、調教は普通にやっているらしく問題はないとみている。

香港勢は短距離路線で強い反面、長距離路線はそうでもない。

ライバルは欧州勢のハイランドリールやタリスマニックになりそう。

もう一頭のトーセンバジルは正直格下感もあるが、力をようする馬場が得意なハービンジャー産駒だけに、応援的に押える手もある。