競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

12/3「チャンピオンズカップ」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain
 

今週の予想レース12月3日

 チャンピオンズカップ予想!

f:id:monkox:20171130144146p:plain

 

アンカツ予想!

 先週のジャパンカップはなかなかの熱戦だったけど、シュヴァルグランが勝つとはな・・・・。確実に上位に来る半面、ひとつ足りない感じの馬だったから、「頭」までは考えてなかった。

それにしても、ボウマンは上手く乗った。最内枠から好スタートを切り、好位のインで脚をためる理想的な競馬。仕掛けのタイミングも完璧。何もかもうまくいった。

 

3着に敗れたキタサンブラックは並びかけられたところで、もうひと伸びする馬なんだけど・・・。レース後に落鉄していたのがわかったらしいが、いつどこで外れたかハッキリしないし、走りに影響があったかは何とも言えない。

それより、不良馬場の秋天の影響が「ある!ない!」で話題になっていた。

秋天をスルーしてJC一本に絞ったシュヴァルグランが勝ち、秋天勝利のキタサンが負けた以上、その影響はあったとしないといけない。

 

ここからチャンピオンズカップ

 

メチャクチャ難しい。

なにせ、実績あるベテラン勢が信用しきれない状況だから。

よって、実績馬の中では、ベテランより「若い馬」に注目し、さらに言えば、「新興勢力」が一気に勢力図を塗り替える可能性もある。

 

 

コパノリッキー

特に実績上位のコパノリッキー。もともとポカする馬だし、JBCスプリット(1200m)を使った後だけに、なおさら不安。

ただでさえ気難しい馬、この臨戦過程で折り合いを含め、気分良く走れるかとなると・・・・。

 

 

アウォーディー

最近の競馬を見ていると、迫力がなくなった気がする。

良かったころの状態ではない。

それは、アポロケンタッキーにも当てはまる。

 

 

サウンドトゥルー

古豪のなかで一番信頼できるのは、この馬。脚質で考えると「3、4着まで」なんてことも十分考えられる。今回のように人気を背負うと強く推せない。

 

 

ゴールドドリーム

フェブラリーSを勝っていて立派な実績馬なんだけど、まだ4歳、ここまであげた「旧勢力」とは別に考える。

G1馬になってからがだらしな過ぎるって声もあるが、それなりに説明はつく。

ドバイ14着は相手が強かったし、帝王賞7着はそのドバイのダメージ。前走南部杯5着は乗り難しさがモロにでたみたいで、川田騎手も「乗りにくい馬」って言っていた。

そういう意味で今回のムーア乗り替わりは注目している。

 

 

ケイティブレイブ

帝王賞(1着)のように下げて脚をためる競馬に徹すれば、ハマるかもしれない。

 

 

 

テイエムジクソク

もっとも注目してる馬。準オープンで勝ちきれない競馬が続いていたが、5月に復帰してから5戦4勝。みやこSで重賞も勝った。勢いは間違いなくナンバーワンでかなり力もつけている。早め先頭から問答無用に押し切る競馬が決まった時はまさに圧巻だし、凄味と言うか、底知れなさを感じる。一気に頂点に立ってもおかしくない。 

 

 伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←