競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

11/18「東スポ2歳S」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain

 

今週の予想レース11月18日

 東スポ2歳S予想!

今回「GⅠ」ではないですが、アンカツ予想があります。

”GⅠはアンカツに聞け!!”東スポの企画ですから、東スポ冠のレースを予想するのは自然な流れですね。

f:id:monkox:20171115104904p:plain

アンカツ予想!

東スポ杯と言えば東京芝1800mが舞台。年明けの共同通信杯と並んで、日本ダービーを見据えた素質馬が好んで使われる傾向にある。 

よって、後々活躍する馬が出てくる理由になるようだ。

まあ、格付けはGⅢだけどお世話になってる東スポさんの冠がついたレースってのを抜きにしても注目しないといけないレース。

 

今年は、登録馬9頭と少ないみたい。おそらく理由は2戦2勝のワグネリアン

多くの陣営が意識的に対戦を避けたんじゃないかな。

 

 

ワグネリアン

新馬戦(中京芝2000m)で上がり32秒6を叩きだして接戦を制したと思えば、野路菊S(阪神芝外1800m)でも道悪をものともせず、上り33秒0で快勝。それもそのはず、父ディープインパクト、母母ブロードアピール、それは切れる訳だ。

ちなみに、俺の現時点の2歳牡馬の評価は、ワグネリアン新馬戦で叩き合ったヘンリーバローズ(次走の未勝利戦で4馬身差の快勝)が双璧と思っている。

そのヘンリーバローズがいないとなれば、当然ワグネリアンを一番に評価するとこになる。あえて死角をさがせば、450キロの小柄な馬体、今後の成長力ってことになるのかな。

 

構図としては、ワグネリアンをめぐる2着争いとみている。

その筆頭はモーリスの全弟ルーカス。

 

 

ルーカス

まだ札幌新馬戦を勝っただけの馬にすぎないが、その新馬戦が文句なしのハイレベル。

なんせ、4着マイハートビートが未勝利⇒紫菊賞、5着ゴーフォザサミットも未勝利⇒百日草特別を連勝。

負かした馬たちがその後活躍している。それらをまとめて負かしたルーカスの潜在能力は相当考えないといかない。

現時点ではワグネリアンの2着探しだが、ルーカスは先々立場が逆転する可能性もある。

 

それ以下はどう続くのか?

申し訳ないが後の馬がどれが上で、どれが下ってとこまでは・・・・

 

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←