競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

10/29「天皇賞秋」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

  

f:id:monkox:20171020100207j:plain

 

今週の予想レース10月29日

 天皇賞秋予想!

 

f:id:monkox:20171026160102p:plain

 

アンカツ予想!

 

まずは菊花賞の反省から。 

 

先週の菊花賞は色んな意味で難しかった。

一番の理由は馬場。

いくらなんでも3分18秒台の決着って・・・・

3200mの天皇賞春でもこんな時計になることはそうない。

まさに、近年まれにみる極悪馬場。

あの馬場じゃなければ、クリンチャーもポポカテペトルも来なかったでしょ。

キセキに関しては、能力の高さを認めないといけないけど、勝因は流れに恵まれた部分があったと思う。

スタートで出負けしたあと、ジタバタしなかったのが良かった。

 

俺が軸に推したミッキースワローは、結果的に動き出しが早かった。

道中で小脚を使った分、最後にキセキみたいな脚が使えなかった。

 

ココから天皇賞秋予想!

 

天皇賞秋こそは馬場に神経質になることなく・・・・・

と思ったら週末台風がなんて予報があるらしい。

今後進路次第で天気はどうにでも変わりそうだから、良馬場前提で話を進めていく。

まずはキタサンブラックの扱い。

 

キタサンブラック

一番人気になると思うが、危険視している人も結構いるんじゃないか?

宝塚記念いらいのぶっつけ、しかも、9着と惨敗した後だし。

「ピークを過ぎた」「種牡馬モードに入った」なんて声も聞こえてくる。

結論から言えば、俺は大丈夫だと思っている。

 

もともと、キタサンは大型馬の割に鉄砲が利く。

「久々」が大きな障害にならないタイプ。

「ピークが過ぎた」って見方も当てはまらないと思う。

よく、2歳からクラシックにかけてガンガン使って、活躍を続けてきたような馬が「古馬になってサッパリってケースは良くある。

ただ、キタサンはクラシックオール出走といっても、本当に強くなったのは菊花賞から。「晩成」とまで言わないが、徐々に力をつけてきた馬は急激に力を落とすことは考えにくい。

 

そうなると「宝塚の惨敗の理由は?」となるが、天皇賞春がレコード決着ってきついレースをしてダメージがそれなりに残ったんじゃないか。

それと個人的な見解として、ユタカちゃん(武豊)が”よそ行きのレースをした”様に見えた。

宝塚前は凱旋門賞の選択もあった。そのあたりを意識した乗り方をした結果、キタサンの本来のリズムを狂わせたとも・・・・。

 

まあ、瞬発系じゃないから、”ピュッ”と来た何かにやられるかもしれないから「頭」とは言えなが、「軸」としてまだ信頼に足る存在。

 

相手の2頭は

 

サトノアラジン

脚質的にさばききれん恐れはあるにしても、折り合いがつくようになり、しまいの確実性が増した。

2000mも問題ない。

 

 

リアルスティール

そのサトノアラジン毎日王冠で負かし復調とみていい。

 

他はヤマカツエース、シャケトラ、ステファノスあたりも無視できない。

はじめに言ったように、良馬場前提で話を進めている。

サトノクラウンネオリアリズムは力を認めても、高速馬場の適性に疑問符がつくため押さえまでの評価しかできない。

ただ、今週も道悪になるようだと、この2頭にとって相当なプラス材料になる。

 

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←