競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

 6/25「宝塚記念」 アンカツ予想!本命馬は!東スポ情報

東スポアンカツ予想!

 

 vqvs0tbhwnvb1571477991529_1477991606

 

 

今週の予想レース6月25日

 宝塚記念予想!

 

f:id:monkox:20170622145727p:plain

アンカツ予想!

 キタサンブラック

今回はキタサンブラックの一本かぶりになるだろう。

単勝は1倍前半じゃないか。

まずは自身の能力。

一昨年より昨年、昨年より今年と年を重ねるごとに力をつけてきている。

一昨年の菊花賞や昨年の春天までは「恵まれている面」もあった的な評価も聞こえていたが、今年の春天は誰がどう見ても文句なしの内容。

「名実ともに現役最強馬」って評価していいだろう。

そのうえで、最大のライバル、サトノダイヤモンドが不在の今回のレース・・・。

 

 

操縦性の良い馬だから、3200mも余裕でこなしているけど、ベストは2000m~2500mくらい。

宝塚記念はまさに適性距離。そこにこの頭数でえ、行きたい馬もそう見当たらない。

楽に先行できる展開も有利。

仮に別の馬が逃げたとしても、ハナにこだわるタイプじゃないから、あらゆる面で条件が揃っている感じ。堅い本命馬って結論しか出てこない。

 

 

それでも、無理やり死角を探せば、グチャグチャの道悪になった時ぐらいか。

大型でパワーも十分の馬だから少々の道悪は問題ないだろうけど、飛びがキレイでフットワークが大きい馬でもあるので、本質的に道悪は歓迎とまでは言えん。

極悪馬場になったらあるいは・・・・。

 

 

そうなった場合に浮上してくるのが「重の鬼」の可能性もある

サトノクラウン

良~稍重くらいまでならキタサンで軸不動、メッチャ道悪ならサトノクラウンで遊んでみる手もアリってところか。

ただし、良馬場ならサトノクラウンはむしろ消すてもあるんじゃないかと思う。

 

 

ここからは極悪馬場でない、つまりキタサンを不動の軸として話を進めると、相手筆頭はやはり、

シュヴァルグラン

もともと、しまいは確実に差を詰めてくる馬やったけど、最近はレース自体も上手くなっている。だだし、この馬も条件付き。

460㌔後半から470㌔前半あたりの、ある程度引き締まった馬体で出てきてほしい。

次に続くのが、

ミッキークイーン

前走ヴィクトリアMでは7着と期待を裏切ったが、本質的にマイルは距離不足。

2000m~2400mがベストだから巻き返しがあっても驚かない。

他で食い込みがあるとすれば、シャケトラやミッキーロケット。

 

 

ゴールドアクターは?

今回も鞍上が(横山)ノリだから不気味ではあるんだけど、どうしても中山専用のイメージが拭えない。

まぁ、頑張っても3着までじゃないか。

 

 伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←