競馬予想No.1。こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ

競馬初心者で連戦連敗のあなたのために作った「競馬予想まとめブログ」です。競馬予想TVの予想家、うまズキの出演者、スポニチ記者などの競馬予想をまとめました。様々な馬券予想を参考にし、重賞レースの当たり馬券(万馬券)をゲットしましょう。

11/6アルゼンチン共和国杯、みやこステークス11/1スポーツ紙情報まとめ!

11/6 アルゼンチン共和国杯 

11/6 みやこステークス

有力馬陣営コメントまとめ!

馬券予想の参考に!

 

f:id:monkox:20161026100941j:plain

11月1日(火)情報!

スポニチ

 

【AR共和国杯】今秋いざブレーク!モンドインテロ初重賞奪取だ

 

手塚師
「1走ごとに強くなっているイメージ。ヤングマンパワー関屋記念→富士Sを連勝中)と同じような雰囲気がある」

 

ルメールが“大好きな馬”と凄く気に入ってくれているのが心強い」

11/1 スポニチアネックス

 

モンドインテロ 牡4歳

父・ディープインパクト 

母・シルクユニバーサル

重賞は目黒記念5着、ダイやモンドステークス6着と勝利なし。

重賞初制覇なるか!!

 

 

【みやこS】連覇狙うロワジャルダン 浜中とコンビ復活で期待十分

 

戸田師
「調整は順調。昨年は上手に勝たせてもらったが、その昨年よりも力をつけている感じはある。浜中君もいいイメージで乗ってくれると思う」

 

「本質的に暑い時期は苦手なようで、気温が低くなった方が調子が上がってくる」

11/1 スポニチアネックス

 

ロワジャルダン 牡5歳

父・キングカメハメハ

母・アグネスショコラ

昨年のみやこステークス以来勝利なし。

GⅠチャンピオンズカップ4着、GⅠフェブラリーステークス5着を含め重賞レース6戦を経験!

 

 

サンケイスポーツ

 

【AR共和国杯】変身フェイム、去勢で落ち着き

(夏場の休養中に去勢を決断)

宗像調教師
「競馬に集中させるため。その効果か馬はおとなしくなっている。調整もしやすくなっているよ」

11/1サンケイスポーツ

 

フェイムゲーム セ6歳
父・ハーツクライ
母・ホールオブフェーム

 

去勢について岡田スタッド・岡田牧雄オーナーは

「去勢あけは人気していても難しい」そして、「去勢後は叩き3戦目がパーフェクト」と言っています。

信じるか信じないかはあなたしだい!

 

 

デイリースポーツ

 

【みやこS】ラニ国内重賞初Vだ!“超”急仕上げ叩かれ確実に上昇

(チャンピオンズCへ向けて)
松永幹師
「久々の右回りがどうかだけど、叩いた上積みは見込めると思う。もう一回叩いて良くなってくれれば」

11/1 デイリースポーツ

 

ラニ 牡3歳
Tapit
母Heavenly Romance

アラブ、アメリカで武豊騎手と戦ってきたラニ。日本では内田騎手が騎乗するようです。武豊TVでも言っていましたが「難しい馬」です。

「クレイジーホース」ラニの走り、楽しみです。

 

【ア共和国杯】シュヴァルグラン満を持して復帰「長期休暇明けでも状態いい」

京都大賞典から戦列へ戻るプランもあったが)
友道師
「使おうと思えば使えましたが、腰のあたりに疲れもありましたから、良くなるのを待っていました。こっちに戻って久々に見てみたら、すごく良くなっていました」


「ずっと乗っている助手も“動きはいい”と言ってくれていますからね。使いつつといった感じのある馬ですが、いい状態で復帰させることができます」

11/1 デイリースポーツ

 

シュヴァルグラン 牡4歳

父・ハーツクライ
母・ハルーワスウィート

馬主はあの大魔神佐々木!秋華賞馬ヴィブロスの兄です。

阪神大賞典を制覇、春の天皇賞3着の実力は本物!

 

日刊スポーツ

 

モンドインテロ重賞初Vへたたき一変/AR共和国杯
手塚師
「先週やって良くなってくると思う。1戦、1戦強くなっているイメージ」
11/1 日刊スポーツ

モンドインテロ 牡4歳
父・ディープインパクト
母・シルクユニバーサル

11戦6勝のモンドインテロの重賞初制覇なるか?

 

ワンアンドオンリー今回も控える/AR共和国杯

甲斐助手
「前走は多少、休み明けの感じでした。この前より雰囲気はいいですよ」

「この前は久しぶりに控えるレースをしたけど、そういうレースが合っていると思う」

11/1 日刊スポーツ

 ワンアンドオンリー 牡5歳
父・ハーツクライ
母・ヴァーチュ
ダービー馬も2014年神戸新聞杯以降13戦勝利から遠ざかっています。

もう、終わった馬なのか。それとも!

 

本格化アスカノロマン得意淀でG1へ弾み/みやこS

佐藤厩務員
「このレースは年々成績を上げている(14年10着、15年4着)し、今年こそは・・・ですね」

 

(持ち味を出せなかった南部杯4着について)
佐藤厩務員
「しまいは伸びてきているんですけどね。小回りは基本的にあまり向いていない。中央の広いコースの方がやっぱり合っていると思う」

 

(3走前の平安Sは5馬身差で圧勝)
佐藤厩務員
「この条件は特に自信があります。走りやすいのかな? のびのび走っているように見える」

11/1 日刊スポーツ

アスカノロマン 牡5歳
父・アグネスデジタル
母・アスカノヒミコ

2016、1/24東海S(中京1800)で重賞初勝利。平安Sも勝利し重賞2勝。

平安Sを勝利した相性のいい京都で躍動するのか?